検索

自費治療と保険治療の違い

費治療と保険治療の違いについて考える

整骨院には、保険治療自費治療があります。 保険治療は健康保険が適用されるため、自費治療と比べて費用を安く抑えることができます。 しかし、一概に保険治療の方が良いとは言い切ることはできません。保険治療と自費治療についてご解説いたします。 あなたに当院での治療を受けていただく際のご参考になれば幸いでございます。



保険治療では“最低限の健康”を維持する治療しか行えません

医科の治療が患者様の生命に直接関わるものであるのに対し、整骨院は直接的に命を左右するものではありません。日本の健康保険は、誰もが一定レベル以上の健康を保てるように、それにかかる医療費を国が一部負担するという仕組みです。ここでいう『一定レベル』は決して『贅沢な』治療を目的としたものではありません。

そのため、医科治療はほぼ全ての治療に健康保険が適用されますが、整骨院は必要最低限度の治療のみしかまかなうことができません。 急性外傷や最低限度の治療にのみ、健康保険が適用されるという仕組みとなっています。


電気をかけて治るというのは絶対にありません!もし治ったとしてもそれは一時的に過ぎません!

自費治療は制限がありません

保険治療でできることにはどうしても限界があります。 根本的に治したい、痛みをしっかりと取り除きたい、場合は自費治療で行っていただきます!当院の強みは痛みが再発しないための根本治療です! 自費治療は健康保険が使えない代わりに、治療方法や治療に使う機材、治療にかける時間の制限がされることはありません! 一方、自費治療(保険外治療)は保険治療よりも費用は掛かりますが、快適性や効果に優れた、それぞれの症状に合う治療法を制限なく選ぶことができます。 また最新の治療法で時間をかけて丁寧に治療することができます!

自費治療は、1回1回に掛かる費用は高くなりますが、その分質が高く、効果が長持ちする治療方法を受けることができます。 健康は何らかのトラブルが起こってから治療するもの」という日本人の考え方よりも、はるかに合理的な考え方といえるでしょう。 それと同じように、自費治療に関しても、目先の費用に目を奪われず、長期的な目線を持つことが大切なのです。






54回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示