検索

東洋医学とは?

西洋医学の歴史と考え方について 西洋医学は、現在ほとんどの先進国で主流となっています。体の悪い部分に直接アプローチし、投薬や手術といった方法で原因を取り除いて治療していく医学です。 西洋では中世までは「病気は神からの贈り物」と考えられ、積極的に治療しないのが一般的でした。しかし、ルネサンス時代以降は人体の解剖がおこなわれ、さまざまな薬が開発されるといった医学の発展が起こりました。西洋医学は科学の発達とともに進化し、現在では最先端の医療機器を用いた診察や治療ができるようになっています。

東洋医学の歴史と考え方について 東洋医学は古代中国で生まれた考え方で、約2000年の歴史をもちます。東洋医学の考え方は7世紀頃、遣隋使や遣唐使によって日本にも伝わりました。その後、鎖国などを経て日本独自の東洋医学の考え方が確立されていきました。 明治期になると、政府が「西洋医学を学び、試験に合格した者のみ医師としての開業を許可する」という政策を打ち出したため、東洋医学の漢方医であっても西洋医学の免許がなければ東洋医学の治療ができなくなりました。これが、現在の日本で西洋医学の考え方が主流となった大きな要因と考えられます。




西洋医学は投薬や手術といった方法で、体の悪い部分に直接アプローチして治療していきます。 これに対して東洋医学というのは体の不調を内側から根本的に治す治療法です。東洋医学の領域では、具体的には鍼灸やあん摩、漢方といった方法で治療を進めていきます。また、病気を未然に防ぐため、日頃から疲れを溜めず抵抗力をつけておくというのも、東洋医学の考え方です。 西洋医学と東洋医学は、どちらが良い悪いというものではありません。西洋医学には短い時間で病気を治療できるという良さがあり、東洋医学の治療は時間がかかるものの、体に負担がかかりにくいという良さがあります。

事東洋医学の治療法は長期的におこなわれることや、体質を根本から治療するという特徴があります。東洋医学の考え方は医療の現場だけでなく、スポーツ分野や福祉分野でもニーズがあるため、知識やスキルを持っていればさまざまな分野で活躍できますよ。





東洋医学の考える健康

東洋医学には、人間が健康な状態であることを確認する要素として、「気・血・水」という考え方があります。「気」というのは生命活動を行うために必要なエネルギーのことを指し、「血」はいわゆる血液のことで、「水」はリンパ液や汗といった血液以外の体液を意味します。この「気・血・水」の3つが、体内を過不足なく滑らかに巡っている状況を、東洋医学では健康的な状態であると考えるのです。 また、「気・血・水」は、お互いに影響を及ぼし合っていると考えられており、どれかひとつに異常があることで、全体のバランスが崩れるとされています。バランスが崩れることで、体調が崩れやすくなると考えられており、健康状態を保つには「気・血・水」のバランスを崩さないようにすることが重要であると考えられています。 その中でも、最優先で意識を向けるべきとされているのが「気」です。「気」は生命力の源とされており、「病は気から」という言葉通り、まずは「気」の管理を行うのが大切であると考えられています。



「気・血・水」をスムーズに巡らせるためには、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五臓の働きが重要になると東洋医学は考えます。これらの臓は、西洋医学でいうところの臓器とはイコールではありません。それぞれに東洋医学特有の捉え方があります。


西洋医学と東洋医学は病気やケガへのアプローチの仕方や考え方が異なりますが、どちらも「人間の健康をサポートする」という点では違いはありません。どちらか一方の考え方だけ優先すればいいのではなく、西洋東洋双方の観点から病気やケガと向き合うことが大切です。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示