検索

朝が苦手なのはリズムが崩れてしまっているだけ!?

みなさん

こんにちは!


朝がとにかく弱い、、、(僕もですが、、、笑)

そんな悩みがある、けど相談するのも気が重くなる悩みですよね。


なので今日は朝活をするメリット・デメリットをお伝えできればと思います!


朝活のメリット


・生活リズムが整うことで体の調子がよくなる


人間本来の健康的な生活リズムというのは、

「日の出とともに起床し、日が沈んだら休む」というものです。毎日決まった時間に起床することは、本来の生活リズムを整えることでもあります。


生活リズムが整うと、夜は早く就寝することが習慣づき、体内時計も正しく働くようになります。それによって疲れを引きずりにくい身体になり、便秘や片頭痛、イライラやだるさといった身体の不調も軽減するといわれています。


・集中力が高まり作業効率が上がる


朝起きたときは、脳のエネルギー源であるブドウ糖が少ない状態にあり、

記憶をつかさどる海馬や、記憶に関与する扁桃体の動きが活性化するとされています。そのため、集中力が高まるとされています。


また、朝は睡眠によって疲れがとれ、身体がもっとも回復している時間帯でもあります。そのため、朝の時間を利用して勉強することで、作業効率は非常に高くなります。


・早く寝るために夜だらだらと過ごさなくなる


仕事で疲れてベッドに入った後も、スマホで動画を見たりSNSをチェックしたりしているうちに、いつのまにか深夜になっていた、そんな経験がある人も少なくないでしょう。早起きの習慣がないと、無意識のうちに夜の時間を満喫しようとしてしまいます。


しかし、朝活で早起きが習慣づくと、夜はだらだらと過ごさず、朝活にそなえるために早く寝るようになります。


・通勤ラッシュが避けられる


電車通勤していると、毎朝の通勤ラッシュに身も心も疲れてしまいがちです。しかし朝活は、そんな通勤ラッシュを避けられる絶好の機会です。


早起きをして、ラッシュ前に電車に乗ることで混雑のストレスも軽減されます。早朝に家を出て会社近くで朝活をするのもおすすめです。


・美容効果・ダイエットにつながる


朝は交感神経が活発に働くため、エネルギーの消費量が多くなります。そのため、朝早く活動し始めることはダイエットにも効果的です。


また、睡眠不足は乾燥肌や肌荒れを引き起こし、しわなどができる原因ともいわれていまが、早寝早起きをして睡眠をしっかりとることで、肌の新陳代謝は活発になり、これらの肌トラブルが改善するとされています。




・朝活のデメリット


・睡眠時間が少なくなる


仕事が忙しくなる時期には、帰宅時間が通常より遅くなり、朝活によって睡眠時間が極端に減ってしまう可能性があります。


朝活が習慣化してくると、寝る時間が遅くなっても、いつもの時間にはきっちりと目が覚めてしまい、十分な睡眠がとれない状態が続くことがあります。また、一度始めたことは続けなければという義務感から、睡眠不足に陥ってしまうこともあるので、無理をして体調を崩さないように気をつけましょう。


・慣れるまでは日中眠くなりやすい


脳は日頃の生活習慣をよく記憶しているため、朝活を始めた後も、以前の習慣を維持しようと働きます。そのため、朝活を始めてしばらくの間は、日中眠気に襲われやすくなります。


仕事をしている最中に眠くなってしまい、何らかの支障が出るというのでは本末転倒です。また、早く起きなければという思いがストレスになってもよくないでしょう。


朝活のリズムに慣れるまでは、頑張りすぎないことが大切です。


近いうちに成功するためのポイントをお教えしますね!!


ではまた^^
11回の閲覧