検索

実は凄かった!?「ラジオ体操」ってこんなに効くんだ!?!?

皆さんこんにちは!!


皆さんはラジオ体操をやったことがありますか?





もちろん一回くらいは小学生のときの町内会の集まりや夏休みの地域の

行事でやったことがあると思います!!


小学生にとっては夏の風物詩の一つに挙げられるでしょう笑


 

そんなラジオ体操について今回はご説明していきたいと思います!


まずラジオ体操は「血行」や「肩こり」「歪み」に効きます!

ラジオ体操第一は「3分13秒」で行う”究極の運動”とも言われています。

それはなぜかというと「3分13秒」の中に、次のような運動が組み込まれている

からです。


①伸びの運動                 ⑤胸をそらす運動

②腕を振って、足を曲げ伸ばす運動       ⑥体を前後に曲げる運動

③腕をそらす運動               ⑦体をねじる運動

④体を横に曲げる運動             ⑧腕を上下に伸ばす運動


ラジオ体操第一は腕や足を伸ばす、関節を大きく動かすといったエクササイズが

特徴です。それに幅広い年齢が、手軽にこなせる内容であることも優れた

ポイントでしょう。



体全体の筋肉をほぐし、柔軟性を取り戻すことで、「血行促進」「肩こり緩和」

「背骨や腰の歪み対策」が期待できます。





他には「筋力」と「内臓」にも効きます

 

ラジオ体操第二は、沢山の筋肉を動かし、体全体でエネルギーを使う運動が特徴的です。

第2は「身体を鍛えて筋力を強化する」、「内臓の動きを活性化させる」こんなにも難しいことが3分でできるんです!

カップラーメンを待っていればできるんです!


(1)全身をゆする運動         (8)片足跳び、かけ足、足踏み運動

(2)腕と足を曲げ伸ばす運動      (9)体をねじり、そらせて斜め下に曲げる運動

(3)腕を前から開き、まわす運動    (10)体を倒す運動

(4)胸をそらす運動          (11)両足で跳ぶ運動

(5)体を横に曲げる運動        (12)腕を振って足を曲げ伸ばす運動

(6)体を前後に曲げる運動       (13)深呼吸の運動

(7)体をねじる運動


ちなみに第2の方は3分8秒です。



じわじわ「効いてくる」

第1、第2合わせて6分21秒です。

6分の中に400種類以上の筋肉に刺激を与えられる運動が詰まっています。夢のようなお話ですね笑

じわじわと、チリも積もれば、という言葉はこのためにありますよね。


日常生活ではあまり動かさない筋肉、関節、骨を動かすともちろん内蔵の働きも活発になります。

そうすると代謝も上がり今一番大切な免疫アップ、ケガ予防にも最適です^^

健康は手に入れられます。


本日はこんな感じです!今よりもっと健康になりましょう^^

5回の閲覧0件のコメント