検索

夏の疲れから来る秋バテ対処法



皆さんこんにちは!!


秋の気配も感じ始めるこの季節。夏の疲れが一気に押し寄せる秋バテになる人が多いのは

ご存知でしょうか?



ようやく真夏の暑さから開放され、過ごしやすい季節になってきたはずなのに、疲れやだるさが取れないってことはないですか? これらの諸症状は秋バテ状態になっている人が多いはずです。


秋は夏に消耗したエネルギーを回復させて養い、冬に備える時期でもあります。

それにも関わらず、夏と同じようにアクティブに動くような生活を続けていると

夏の疲れが取れずに自律神経が乱れます。


 日中は暑いとはいえ朝晩は気温が下がり、一日の中で気温差がある他、日によっても気温差が大きいためさらに不調になりやすいというわけです。


 

自律神経の乱れによって、起こりやすいのがめまいです!!

めまいには様々なタイプがありますが「ふらふらする」 「倒れそうになる」 「眼の前が暗くなる」と言った症状がある場合、エネルギー不足が原因かもしれません。


 

当たり前の話ですがエネルギーを補うためにはまずは休養をしっかり取ることが大切です。

山芋やもち米、豆腐などエネルギーを補う食材を食べるのもおすすめです。


胃腸が弱っている場合はエネルギーがうまく取り込めないので、おかゆなど胃に優しいものを食べるのもいいでしょう!!

   



めまいの症状が続く場合にはツボを刺激してみるのもいいでしょう。



エネルギーや血液を全身に巡らせる「太衝

というツボはめまいめまいのほか、冷えやのぼせ、イライラ、頭痛にも効果的。

足の親指と人指し指の間の骨の間を足首に向かって指っでなぞったときに、

少し小高くなって指が止まる位置にあり、押すと痛みのようなものがあります。


ここを親指やペンの尻で6秒程度押してみてください。

両足とも10回ずつ繰り返し押しましょう!

秋バテぎみの人は予定を詰め込みすぎず、食事や睡眠など規則正しい生活を心がけましょう。 


では次回また^^


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示