検索

スポーツの際の動きが悪くなってきていませんか?

みなさん

こんにちは



今日は

スポーツをする際に

「前はよく動いていたんだけど最近動きが悪いんだよなー」

こんなことってありませんか?


ここ半年以上

患者様の身体を診させて頂いている中で

結構このことについて

質問されることが多く

痛みや凝りみたいにそのために行く症状ではないが

気になっている方がいます



これでよく言われるのが

「歳を取ったからでしょ?」

と言われますが

全く違います!!


確かに

年齢による筋肉の硬さや可動域が硬くなることはありますが

それが直接的な問題ではありません


原因は

同じ動作のみしているから」です


例えばゴルフの際

右側のスイングしかしていないと

右肘が痛くなったり右腰が痛くなることがあります

そうすると筋肉が片方だけ疲労してしまい

脳が片方しか使っていないと思い

硬くなったり痛みになります


しかし

人間の脳の反応をよく理解していくとわかりますが

「右でやったのなら左も同じように疲労させればいいのです

左右対象に疲労していくことによって

同じように使ったため

痛みや凝りが起こりにくくなります


右で100回スイングしたのなら左でも100回スイングしていく


このようにしていけば体は痛みや凝り、怪我をしにくくなります

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

初めまして。 鍼灸あん摩マッサージ指圧師の、小川と申します!! 私は、小学校4年から大学まで柔道をやっていました。 高校生の時、インターハイに出場する事が出来ましたが、目標だった日本一には届きませんでした。 もっともっと強くなりたいと思い、大学では日本一になる為、柔道に専念しました。 今現在は、三段を取得しています。 大学の頃は、日本一を目指す集団の中で、充実した練習ができていました。 自分でも力